大人ゼミ

Edition4 Studiesのご案内

次の時代を半歩先取りして生きていくための勉強会や活動をやっています。
まあ、いってみれば、「大人ゼミ」みたいな感じです。

「大人ゼミ」では、有志グループを作り、Edition4(この先の未来)について、自由に意見を述べ合う雰囲気のもと、共に学び、共に実践し、次の時代を一足お先に楽しんでいます。

次の時代を仲間と共に楽しもうと、この「大人ゼミ」のために作ったのが、一般社団法人Edition4 Studiesでもあります。

これまで不定期で開催されてきましたが、2018年からは、基本的に月1回のペースで「大人ゼミ」を開催していく予定です。

この大人ゼミでは、Edition4時代を先取りして生きるために必要な勉強は何でもします。
Edition4時代は、知識だけでなく、実践が極めて重要です。
だから、本を読むだけではなく、実際に現場にいって、自然に触れて、五感をフルに使う学びを行います。

ということで……

  • 参加者にとって、よいエネルギーやインスピレーションを与えてくれるような書籍を一緒に読む読書会を開いたり
  • 同じく、エネルギーやインスピレーションを与えてくれる映画を一緒に観たり
  • 自然と現代文明との関係性を考え、次の時代(Edition4時代)を構想できるようなフィールドワークに一緒に出かけたり
  • たとえばそれは、優れた農場や、興味深い活動をしているNGOを訪問することかもしれないし、無人島でキャンプ生活をすることかもしれません。
  • そして、耕して、栽培して、収穫して、料理して、パーティをすることもあるし
  • ヨガなどで体を一緒に動かすというようなことがあってもいいかもしれません。

ルールはなし。
ただ、Edition4時代を半歩先取りして生き始める、という目標だけは共有しておきたいと思います。

今こそ、Edition3 → Edition4へとシフトするタイミング

これまで人類は、

Edition1=狩猟・採集の時代
Edition2=農耕・牧畜をベースとした文明
Edition3=化石燃料をベースとした文明

として、この地球上で生きてきました。

特に、産業革命が起こり、石炭を使い始め、第二次世界大戦が終わると全世界で一気に石油化が進みました。
人口が爆発的に増え始め、「自然からの収奪」を背景として、政治も、経済も、社会も、国際秩序も形成されてきました。
人類の暮らし方も、自然環境も、地球の姿も、随分と変化しました。
長い長い地球の歴史の中の、最後の200年〜300年に過ぎないのにもかかわらずです。

名著『スモール イズ ビューティフル』の著者E・F・シューマッハーは「人類は自然に対して戦争を仕掛けている」と述べました。
人類 vs. 自然
自分はどちら側かといわれれば、それは「人類側」であるのでしょうが、戦争を戦っていて「自陣営」が勝つことを望まない、なんてことがあると思いますか?
いや、だって、人類が自然に勝っちゃったら、すなわち、それは人類の終焉を意味しますから。

「負けたら滅びる戦争」を戦っているのではなくて、「勝ったら滅びる戦争」というなんとも奇妙な戦いをし続けているわけです。
それが、Edition3時代の思考様式と行動原理の本質なのだと思います。

そんな今、この「負のループ」にはまり込んで自滅してしまう前に、新たな視点からこの地球での生活を始めようとする動きが、Edition4ムーブメントなのだと思います。

いつ、シフトするのか?
近い将来、遅かれ早かれシフトは免れないでしょう。
シフトせざるを得なくなってからシフトしようとしても、そう簡単にはシフトできないと思います。

シフトは、余力のあるうちに、将来を見据えて行う方がよいのではないでしょうか。

で、どんな方向に、どういうシフトをするのか?
「大人ゼミ」では、仲間と共に、そんなことを真剣に考えつつ、様々な実社会での実践的プロジェクトをはじめています。


よくある質問

■Q1:大人ゼミの参加資格はありますか?

 >A:いえ、特にありません。興味があったら、下の問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。メーリングリストに加えさせて頂き、そこで、情報を流していきます。

■Q2:勉強会やその他イベントは、どこで行われるのですか?

 >A:取りまとめ役の山本達也が住んでいる松本で開催されることが多いですが、希望者がいるようなら、勤務先がある東京でも開催することが出来ます。フィールドワークで、農場訪問やキャンプなどを行うこともあり、それらが行われるのは日本全国様々です。時には、海外フィールドワーク企画も立ち上がることがあります。もちろん、参加は自由です。

■Q3:費用はかかりますか?

 >A:会場費を参加者で等分するなど、実費がかかります。また、フィールドワーク系のイベントでは、交通費等々の実費がかかります。2018年度は実験的な試みとして、一般社団法人Edition4 Studiesの会員以外の方も広くご参加頂けるよう考えていますが、会員になって頂ければありがたく思います。


メーリングリスト参加申し込み

メーリングリストにご参加頂くと、「大人ゼミ」関連のイベントの案内の他、関連書籍の紹介、Edition4的な人へのインタビュー記事、Q&Aコーナーなどが盛り込まれたメールをご購読頂けます。

オフラインの「大人ゼミ」にご参加頂かなくても、メールの購読のみという形でも構いません。
ご関心のある方は、以下のフォームから、メーリングリストへの登録申請をお願いいたします。

「大人ゼミ」Edition4 Studiesメーリングリスト登録申請

 

確認